English  |  日本語  |  Log in  |  Sign up
15-16 October 2019
The Westin Tokyo
TU Automotive Japan

2019年の登壇者一覧

  • Soshun Arai
    Arm
    Soshun Arai ADASディレクター/自動運転
    Arm
    View Bio

    Soshun Arai氏は、ArmのADAS/自動運転システムと戦略部門のディレクターです。 Arai氏は、9年以上Armに勤務し、日本、英国および米国で国際的な業務の経験を持っています。 ArmのADASおよび自動運転車の戦略に責任を負い、自動車OEMおよびティア1サプライヤーと協業し、自動車のシステムのために次世代プロセッサー技術を提案しArmのエコシステム開発を行っています。 以前にはインフィネオンで自動車向けのアプリケーション・エンジニアとして勤務し、車体、EV、シャーシ、IVIおよびADASのような自動車アプリケーションエンジニアリングで17年を超える経験を持っています。 Arai氏は、東京大学の電気工学修士号を取得しています。

  • Roger Lanctot
    Strategy Analytics
    Roger Lanctot アソシエートディレクター、グローバル自動車プラクティス
    戦略分析
    View Bio

    Global Automotive PracticeのアソシエートディレクターのRoger Lanctot氏は、自動車の安全性、パワートレインおよび情報エンターテインメント楽システムの将来に対して、強力な発言力を持っています。 Lanctot氏は、技術産業でアナリスト、ジャーナリストおよびコンサルタントとして25年の経験を有しています。 Lanctot氏は、主要な産業調査を行い、新しい研究製品やサービスを作成し、キャリア全体にわたって戦略および競争関連の問題についてクライアントに助言を行ってきました。 Lanctot氏は、Telematics Research Groupで5年間勤務し、幅広いポートフォリオのクライアント・ベースを構築し、事業部はiSuppliに売却されました。 彼は豊富な人脈を通して、産業の思想リーダーシップ最前部における戦略分析を支援しています。 2010年に、Lanctot氏は、OnStarsのアフター・マーケット小売り製品の計画と、シリウスXMの2016年までのXMプラットフォームへの移行をスクープしました。 Lanctot氏の前職は、NPD、PCデータ、CMP(現ユナイテッドメディア)、フェアチャイルドおよびハーストのディレクターを含んでいます。

    Lanctot氏はダートマスカレッジの英語学学位を取得しています。

  • Hiroshi Miyamoto
    Telenav
    Hiroshi Miyamoto 営業担当取締役
    Telenav
    View Bio

    Hiroshi Miyamoto氏は、Telenavの事業開発責任者です。 ロサンゼルス市立大学コンピュータ科学の学位を取得しています。 同氏はIncrement PおよびTelenavで、アフター・マーケット車内ナビゲートアプリケーションのエンジニアリングおよび自動車コンテンツのグローバルOEMで18年の経験を有しています。 Telenav東京のオフィスを設立する際に重要な役割を果たし、主要な日本のOEMおよびティア1サプライヤーに市場で最良のグローバルコネクテッドNAVサービスを提供する責任を負っています。
    Gianni Uglietti
    Gianni Uglietti氏は、オーグメンテッドアイデンティティ事業のグローバルリーダー企業のIDEMIAで、スマート自動車事業ラインのマーケティングバイスプレジデントです。 Uglietti氏は、テレコムおよびデジタルセキュリティ産業の様々な技術とマーケティング業務に携わり、現在は、デジタル認証および生体認証でドライバーと乗客を徹底的に再構築することに焦点をあてた自動車向け製品提供の管理に責任を負っています。 Uglietti氏は、イタリア語を母国語とし、また英語とフランス語にも流暢で、テレコミュニケーション・エンジニアリング修士号とMBAを取得しています。

  • Gianni Uglietti
    IDEMIA
    Gianni Uglietti VPマーケティング&戦略、スマート自動車ライン
    IDEMIA
    View Bio

    Gianni Uglietti氏は、オーグメンテッドアイデンティティ事業のグローバルリーダー企業のIDEMIAで、スマート自動車事業ラインのマーケティングバイスプレジデントです。 Uglietti氏は、テレコムおよびデジタルセキュリティ産業の様々な技術とマーケティング業務に携わり、現在は、デジタル認証および生体認証でドライバーと乗客を徹底的に再構築することに焦点をあてた自動車向け製品提供の管理に責任を負っています。 Uglietti氏は、イタリア語を母国語とし、また英語とフランス語にも流暢で、テレコミュニケーション・エンジニアリング修士号とMBAを取得しています。

  • Alain Dunoyer
    SBD Automotive
    Alain Dunoyer 自動運転車責任者
    SBD Automotive
    View Bio

    Dunoyer氏は、制御系エンジニアリング博士号を取得し、としてジャガー・ランドローバーをに制御システム技術者として入社しました。 のちに、センサー・システムでの研究技術専門家となり、多くの運転アシスタンスシステムの早期段階の開発に責任を負いました。 SBDでは自動運転車部門で、研究とコンサルティング部門を管理し、SBDのADAS戦略の定義および実践についてクライアントに推奨を提供しています。
    Toru Baji
    Toru Baji 氏は、大阪大学大学院を卒業し、1977年に日立中央研究所に入所しました。 入所後は、ソリッドステート画像センサおよびプロセッサー・アーキテクチャー研究を行ないました。
    1984年からは、カリフォルニア大学バークレー校と日立アメリカ研究開発で、アナログ・デジタル回路およびプロセッサー・アーキテクチャー研究にそれぞれ従事しました。
    1993年に日立の半導体部門に異動し、この部門はルネサスに編入されました。また自動車アプリケーションエンジニアリング技術部門の部長を務めました。
    自動車のプロセッサーアプリケーションエンジニアリングで世界中の顧客を支援し、2008年にNVIDIAに自動車ビジネスのシニアソリューションアーキテクトとして入社しました。 2016年以来、NVIDIAで技術アドバイザーおよびGPUエバンジェリストを務めています。

  • Toru Baji
    Nvidia
    Toru Baji 技術顧問、GPUエバンジェリスト
    NVIDIA
    View Bio

    Toru Baji 氏は、大阪大学大学院を卒業し、1977年に日立中央研究所に入所しました。 入所後は、ソリッドステート画像センサおよびプロセッサー・アーキテクチャー研究を行ないました。

    1984年からは、カリフォルニア大学バークレー校と日立アメリカ研究開発で、アナログ・デジタル回路およびプロセッサー・アーキテクチャー研究にそれぞれ従事しました。

    1993年に日立の半導体部門に異動し、この部門はルネサスに編入されました。また自動車アプリケーションエンジニアリング技術部門の部長を務めました。

    自動車のプロセッサーアプリケーションエンジニアリングで世界中の顧客を支援し、2008年にNVIDIAに自動車ビジネスのシニアソリューションアーキテクトとして入社しました。 2016年以来、NVIDIAで技術アドバイザーおよびGPUエバンジェリストを務めています。

  • Nakamuru Yuu
    Volvo Trucks
    Nakamuru Yuu UDトラックスUX設計リード
    ボルボ・グループ
    View Bio

    Nakamura Yuuは、Volvo GroupのUDトラックの UX 設計リードです。 この業務ではデジタル・ユーザー体験設計に責任を負っています。 以前には、富士通の設計部門で働き、ユーザーを中心とした革新プロセス推進と、多分野設計チームを主導していました。 富士通設計部門に入社する前には、上海のドイツ系の設計会社で働き、ハードウェアとソフトウェア・プロダクトの両方の開発で広範囲な知識持っています。 金沢美術工芸大学で、工業デザインを学び、美術修士号を取得しています。さらにHuman-Centered Design Organization (HCD-Net)のメンバーでもあります。

  • Toshiro Muramatsu
    NISSAN MOTOR CO., LTD
    Toshiro Muramatsu ゼネラルマネージャー、コネクテッド技術開発およびサービスオペレーション部
    日産自動車
    View Bio

    東北大学大学院電気及び通信工学専攻修了後、1991年日産自動車に入社。中央研究所(現 総合研究所)にて車載レーダー、車載マルチメディア・無線インタフェース、EVの価値創造、デジタルラジオでのサービス、コネクティドカーの研究等に従事。その間に米国カリフォルニア州にて業務研修を1年、米国ミシガン州のNissan Technical Center North Americaに3年間の出向を経験。

    2011年にコネクティドカー&サービスのビジネスユニットにて企画・デザインを行い、先行検討チーム立ち上げのため米国シリコンバレーに2年8ヶ月駐在。

    2016年4月からコネクティドカー&サービス開発部 主管に着任し、コネクティドカー&自動運転事業本部を兼務、2017年4月からAD&ADAS開発部を兼務。

    2019年7月からコネクティド技術開発&サービスオペレーション部 部長に着任し、オフボードシステムの開発及びオペレーションに従事し現在に至る。

  • Dr Masahiko Saito
    Panasonic Corporation
    齊藤 雅彦 Masahiko Saito パナソニック株式会社 オートモーティブ社 開発本部 車載システムアーキテクチャ開発室 室長
    View Bio

    産業機器・家電機器・自動運転システムなどの組込みシステム開発を担当.
    現在,次世代車載システムのアーキテクチャ開発に従事.
    情報学博士.技術士(情報工学部門).

  • Akira Minamikawa
    IHS Markit
    Akira Minamikawa 半導体バリューチェーン ディレクター
    IHS Markit
    View Bio

    Akira Minamikawa氏は、日本のエレクトロニクス研究すべての管理に責任を負い、ディレクターおよびプリンシパルアナリストとしての業務も行っています。
    Akira Minakawa氏の前職は、証券会社、CLSA証券の技術研究開発部長ならびにシニアアナリストでした。 さらに、IDCジャパンの半導体研究のディレクターおよびガートナー/データクエストジャパンで、半導体分野シニアアナリストも務めていました。
    電子情報技術産業協会(JEITA)および半導体製造装置材料協会(SEMI)主催イベントで定期講演を行い、電子デバイス産業新聞や、日経エレクトロニクスを含む出版でも数多く取材を受けています。 さらに日本の特許庁の自動車向け半導体の技術検査委員、および新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)(日本最大の公的研究開発管理組織)のFeRAM評価委員も務めています。
    またE-journal、日経マイクロデバイシズ、その他半導体産業出版物にも定期的に寄稿しています。
    武蔵工業大学で電気工学の学士号を取得しています。

  • Tsutomu Nakajima
    AEye
    Tsutomu Nakajima 動的地図プラットフォーム 前プレジデント
    AEye
    View Bio

    Tsutomu Nakajima氏は、三菱電機株式会社で、25年間コンピュータベースのレーダー信号処理システムの開発に従事してきました。 さらに、主として準天頂衛星用のGNSS利用システムの開発チームを10年以上にわたり統括してきました。 過去3年間では、ダイナミックマップ基盤企画株式会社社長として、自動運転用の高解像度3D地図開発を主導しています。レーダー信号処理から衛星ポジショニングへの応用までの幅広い範囲の分野で実績を持っています。 Tsutomu Nakajima氏は、慶応義塾大学で制御最適化理論の修士号およびノースウェスタン大でコンピュータ科学の修士号を取得しています。

  • Kazuhiro Sugiwama
    IHS Markit
    Kazuhiro Sugiwama コンサルティングアソシエートディレクターおよびプリンシパルアナリスト
    IHS Markit
    View Bio

    半導体バリューチェーンコンサルティングアソシエートディレクター、シニアプリンシパルアナリスト

    Kazuhiro Sugiyama氏は、日本のエレクトロニクス研究すべての管理に責任を負い、半導体市場シニアアナリストとしての業務も行っています。

    同氏のキャリアのすべては半導体産業に関わるもので、消費市場およびIoT市場製品デザインを専門とし、ソリューションと環境を特に扱ってきました。

    NECおよびルネサスエレクトロニクスを含め前職の経験による詳細な半導体知識を持ち、IoT/ネットワーク・カメラ/セキュリティ・ビジネス分野で、研究開発からプロジェクト管理、マーケティング、事業開発および財務までさまざまな業務の 経験を有しています。

    現職ではプリンシパルアナリストとして会社分析、市場分析、経営分析支援を行っています。

  • Kazuhiro Sugiwama
    Hyundai
    Sehoon Kim シニアマネージャー、戦略企画課
    ヒュンダイ自動車
    View Bio

    (2019年 - 現在)
    ヒュンダイ自動車、戦略企画課事業調整チーム

    (2015年 - 2019年)
    ヒュンダイ自動車、コネクティビティビジネスチーム情報エンターテインメント開発センター

    (2010年 - 2015年)
    LG Uplusコネクテッド車両ビジネスチーム、法人事業部

  • Kazuhiro Sugiwama
    Hyundai
    Masahiro Otsuka リサーチスペシャリスト
    SBD Japan
    View Bio

    ソフトウェアエンジニアとして車載ヘッドユニット向けナビ開発での経験を経て、SBDジャパンではコネクテッドカー、自動運転車、自動車セキュリティの3部門における市場調査及び評価業務を主導。

  • Kazuhiro Sugiwama
    Valeo
    Minoru Takeuchi 日本最高技術責任者、グループ顧客ディレクター
    Valeo
    View Bio

    Minoru Takeuchi氏は自動車製造およびティア1の両方での勤務経験を持ち、2016年以来ヴァレオジャパンの最高技術責任者を務めています。 自動運転、パワートレイン電化、デジタルモビリティの3つの軸を中心とした最新技術を提供する、ヴァレオの4つのビジネスグループとの協業を行っています

  • Kazuhiro Sugiwama
    Nissan
    Dane Warren 最高情報セキュリティ担当役員
    日産自動車
    View Bio

    Dane Warren氏は、現在日産自動車会社グローバルCISOで、グローバルなサイバー・セキュリティトランスフォーメーションプログラムを統括します。 Intertek Testing ServiceのグローバルCISO(FTSE 100企業)を務め、グローバルなSOC太陽フォローシステムとフルサイバー安全保障チームの構築をリードしました。 さらにチューリッヒ保険会社で数年間にわたり、アジア太平洋地域と中東欧州地域数カ国のCISOを務めました。 初期の担当業務は次を含んでいます: バージンモバイル・オーストラリアでの情報リスクおよびセキュリティ責任者およびEDSのアジア太平洋地域金融サービスCSO。 およそ20年にわたるサイバー・セキュリティ分野の経験を持ち、シドニー工科大学でビジネス修士号(IT管理)を取得しています。 2017年には、グローバルCISOトップ100名に選出されました。

  • Kazuhiro Sugiwama
    Ministry of Economy, Trade and Industry (METI)
    Naoyasu Yoshimura Director for the Automotive Industry and the Future of Mobility Automotive Industrial Strategy Office
    Ministry of Economy, Trade and Industry (METI)
    View Bio

    2019年 自動車戦略企画室長、モビリティ戦略上席企画調整官
    2017年 内閣官房経済・財政政策担当官
    2015年 中小企業庁会計課長
    2014年 内閣官房、内閣人事局、人事企画課長
    2012年 内閣官房、内閣人事局、人事企画課長補佐
    2011年 経済産業政策局、経済産業政策局、課長補佐
    2009年 経済産業政策局、企業行動課、課長補佐 情報分類: 一般
    2007年 商務情報政策局取引信用課、課長補佐
    1997年、経済産業省(METI)入省
    1997年 東京大学法学部卒業

  • Kazuhiro Sugiwama
    Dell technologies
    Dr Florian Baumann CTO非体系データ・ソリューション
    Dell Technologies
    View Bio

    Florian Baumann博士は、デルEMCで、自動車と人工知能を専門とする、非体系データ・ソリューション部門の最高技術責任者です。
    Baumann博士は、前職ではVision Systemsのチームリードとして、アドバンスト・ドライバー・アシスタンス・システムの開発で、OEMとティア1/ティア2間の窓口としての役割を務め、ADASソリューション定義、要件の議論および追跡、調査とレビューに責任を負っていました。 2016年には、FICOSAインターナショナル(パナソニック株式会社 オートモーティブ社)の技術ディレクターに就任しました。
    会社の製品およびターゲットの提供、作成と前段階開発および調査トピックを担当していました。
    Baumann博士は、ドイツのプレミアムOEMのADAS製品生産開始をゼロから立ち上げ、ADAS製品開発の全体のワークフローを担当していました。
    ハノーバーライプニッツ大学で、コンピューター工学を中心とした電気工学を研究し、
    工学ディプロマを取得しています。 2012. 2015年には、機械学習テクニックを使用した場面理解にと注目した機械学習で、工学博士号を取得しました。

  • Kazuhiro Sugiwama
    Mastercard
    Nandan Mer ディヴィジョンプレジデント、日本
    マスターカード
    View Bio

    Nanden Merは、マスターカードジャパンのプレジデントを務めています。 会社の顧客基盤との業務提携強化、ブランド認知工場、マスターカード決済ソリューションの利用と受容の促進を含む日本でマスターカードの業務すべてに責任を負っています。
    Nanden Mer氏は2010年にマスターカードのグローバル消費者金融部門で、グループエグゼクティブとして入社しました。前職は、ロンドンに本拠を億、ロイヤルティ・ソリューションのグループエグゼクティブでした。 この業務では、全社のロイヤルティ・ソリューションの拡大、差別化および配備をリードし、発行企業が顧客に提供する価値の増強に務め、またマーチャント向けに、利益につながる消費者の引きつけと保持と支援しています。
    マスターカード入社以前は、Nanden Mer氏は、シティグループ、アメリカン・エキスプレス、ユナイテッドバンクオブアフリカで、22年以上の経験を持ち、アフリカ、中国、インド、中東、ロシアおよび英国の主要な個人と法人銀行業務を主導していました。
    Nanden Mer氏はマサチューセッツ大学でMBA修士号を取得しています。

  • Kazuhiro Sugiwama
    Continental Automotive
    Robert Gee グローバルイノベーションマネージャー、V2Xおよびフューチャーコネクティビティ、ビジネスユニットインフォテイメントとコネクティビティ、インテリア部門
    パネリスト: Continental Automotive Japan, K.K
    View Bio

    Robert Gee氏はContinentalの情報エンターテインメントとコネクティビティ事業ユニットで、V2Xとフューチャーコネクティビティ部門のグローバル革新マネージャーです。 この役割では、Gee氏は、顧客に安全な輸送を提供し、持続可能な資源使用および消費者情報ニーズに答えるために協力を行っています。 新しい自動車コネクティビティ革新エリア、ビジネス・コンサルティング・サービスおよびコネクテッド車両製品の世界的な戦略開発に責任を負っています。
    25年以上にわたり、Gee氏は、IBM、ローラル、モトローラおよびその他リーディング・カンパニーで働き、衛星宇宙管制センター、軍事通信と安全装置、商用通信網、SEI CMMレベル5プロセスの有効化と収益化、契約管理、外注管理および85種類以上の商用・政府向け製品でのエンジニアリングの経験が含まれます。
    Gee氏はコンピュータ科学の修士号と、電気工学の学士号を取得しています。 また20以上の特許を保持しています。
    Gee氏の経験はニュースとエンターテインメント産業にも及び、CNNのプロデューサーとして、全国テレビ放送エミー賞を受賞した経験を持ちます。 また市民フォトジャーナリストへの現代の契約アプローチを開拓しました。

  • Kazuhiro Sugiwama
    Oracle
    Yutaka Onuma アーキテクチャー&インダストリー戦略ディレクター - インダストリーイノベーター
    日本オラクル自動車
    View Bio

    Yutaka Onuma氏は、マツダ自動車株式会社に入社し、米国とヨーロッパで複数のグローバルプロジェクトをリードしていました。 その後IBMに転職し、中国と新興マーケットのトランスフォーメーションでのOEMを担当しました。 さらに、社内企業プロジェクトとしてスマートプラネットプロジェクトを開始しました。 現在は、オラクルでイノベーション・パートナーとして勤務しています。

  • Markus Doehn
     
    Markus Doehn Senior Manager Corporate Incubations
    Deutsche Post DHL Group
    View Bio

    Education: Diploma of Economics (equals Master)
    Career at Deutsche Post DHL Group:
    Expert Sales Automotive 2005 - 2006
    Expert Environmental Management 2006 - 2011
    Senior Expert GoGreen Optimization 2011 - 2014
    Senior Expert eMobility 2014 - 2018
    Head of eMobility Deployment 2018 - 2019
    Senior Manager Corporate Incubations 2019 -

  • Kazuhiro Sugiwama
    Street Scooter
    Dennis Ilic Director
    StreetScooter Japan
    View Bio

    2010-2017 シュツットガルト大学および東京大学(2016)航空宇宙工学部在学;2017-2019 RWTHアーヘン大学e-モビリティコンポーネント生産工学(PEM)博士研究者およびプロジェクト最高リーダー;2019-現在 StreetScooter Japanディレクター。

Ellie Steel
Business Manager | Informa Tech
E: ellie.steel@informa.com
T: +44 (0) 20 701 76558